FAQ(よくある質問)

Q. 女性や、運動が苦手な人、格闘技未経験者でも大丈夫ですか?

A. KEYSIは人間の身体の構造に基づいて開発された武術なので、どなたでも学ぶことができます。「運動が苦手」と思う方は身体の使い方に慣れていないだけです。少しずつ身体が使えるようになり、楽しみながら心も前向きになるはずです。

Q. 体力に自信がないのですが大丈夫ですか?

A. ご自分のペースでトレーニングに臨んでくださって大丈夫です。インストラクターとはいえ、一人一人の体調を正確に読み取ることはできませんので、トレーニング中に体調が優れなくなったり痛みを感じる場合はその旨を伝えて休憩してください。護身術の基本は「自分の身は自分で守る」ことです。自分の身体の状態を把握し、しっかりと意思表示をしてください。体力のない方に過剰なトレーニングを強要することはありません。

Q. ダイエット目的でもいいですか?

A. 始めるきっかけは何でも大丈夫です。KEYSIの基礎訓練は単純な動きですが、とても代謝が上がるので、ダイエット効果も望めます。身体そのものが軽く動かせるようになります。

Q. 本当に身を守れるようになりますか?

A. KEYSIには「これさえ学べばどんな状況でも確実に身を守れる」という魔法のテクニックはありません。KEYSIの目的は相手を倒したり自分の能力を誇示することではなく、自分や大切な人の生命を守ることにあります。そのために必要なことは、不用意に危険に近づかないこと、もし危険に遭遇した場合は状況を把握すること、などです。トレーニングで様々なシチュエーションを体験し、その対処法を学ぶことで、それらの能力を高めてゆきます。

Q. ケガをした場合はどうなりますか?

A. 安全を重視してトレーニングするよう心がけていますが、ケガをした場合は自己責任となります。スポーツ保険などへのご加入は、ご自身の判断でおこなってください。

Q. 見学はできますか?

A. KEYSIは「とにかくやってみる」ことを重視しておりますので、KEYSI東京では見学は受け付けておりません。一回だけの参加でも構いませんので、ビジター料金にてぜひ体験してみてください。その後、しつこく勧誘することもありません。

Q. どんな人が習っていますか?

A. KEYSI東京では2016年12月現在、六度のオープンセミナーを開催し、年齢は20歳~50代、男女比では女性が少し多めでした。格闘技経験者はごく一部で、普段はあまり運動をしていない方も多くいました。

Q. KEYSIが登場した映画のアクションを習いたいのですが?

A. 映画に使用されている動きはそれほど難度が高くないので、OPENクラスを修了すればほとんど理解できるようになると思います。また、OPNEクラスを受講している方を対象に、アクションクラスの開催も検討しております。

Q. 当日のキャンセルはできますか?

A. 事前にご連絡をいただければ承りますが、キャンセルが何度も続いたり無断欠席をされる方は、以降の参加をお断りさせていただくことがあります。

Q. 遅刻や早退をしてしまう場合はどうすればよろしいですか?

A. 分かっている範囲で構いませんので事前にご連絡ください。ただし、参加者の遅刻や早退により進行を変更することはございませんので、ご了承ください。