KEYSIの基本動作

Saludo(サルード)

Saludoとはスペイン語で「挨拶」という意味。多くの武道が礼に始まり礼に終わるのと同様、KEYSIにも独自の礼があります。

KEYSI Saludo サルード

1.相手に向かって足と両手を開き、「私は武器を持っていません」という意思表示をする。

KEYSI Saludo サルード

2.足を閉じながら心臓に手を当て、

KEYSI Saludo サルード

3.自分の心臓を相手に差し出す。同時に、相手が差し出した心臓を受け取る。

KEYSI Saludo サルード

4.相手から受け取った心臓を自分の心臓に入れる。

KEYSI Saludo サルード

5.最初の姿勢に戻る。

この挨拶は、「私はあなたを信頼し、あなたの信頼を裏切りません」ということを意味しています。

KEYSIでは、トレーニング会場への入退出の際や、レッスンの開始時と終了時、また、パートナーと練習する際などにこの礼をおこないます。

Pensador(ペンサドール)

Pensador(ペンサドール)とはスペイン語で「考える人」という意味。KEYSIにおける最も基本的な構えであり、KEYSIの技名のほとんどは頭に「ペンサ」を冠していることからも、Pensadorの重要性が伺えます。

KEYSI Pensador ペンサドール KEYSI Pensador ペンサドール KEYSI Pensador ペンサドール

Pensadorの目的は主に2つ。頭部を保護することと、両腕の隙間から周囲の状況を観察することです。

頭部に掌を縦横無尽に這わせ、常に360度を警戒するのがKEYSIの基本的な態勢となります。

Pensa Sonrisa(ペンサ ソンリサ)

Sonrisa(ソンリサ)とはスペイン語で「笑顔」という意味。全身を使って重心を振り子のように操作することであり、身体の軌跡が笑顔の口を描くことからSonrisaと呼ばれています。

KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ KEYSI Sonrisa ソンリサ

KEYSIは筋力よりも重心のコントロールによる効率的な身体操作を追究しています。

Sonrisaはその最も基本的な運動となり、Circulo(シルクラーロ)やTriste(トリステ)など、派生がいくつか存在します。

Pensa Rodamundo(ペンサ ロダムンド)

KEYSIには「ピエ」「ロディージャス」「センタド」「トゥンバド」と呼ばれる4つのポジションがあります。

KEYSI Rodamundo ロダムンド ピエ

ピエ

KEYSI Rodamundo ロダムンド ロディージャス

ロディージャス

KEYSI Rodamundo ロダムンド センタド

センタド

KEYSI Rodamundo ロダムンド トゥンバド

トゥンバド

Rodamundo(ロダムンド)とはスペイン語で「世界一周」を意味し、この4つのポジションをスムーズに移行させることをいいます。

すべてのポジションにおいて、常に頭部を防御できることと、素早く立ち上がれる姿勢を保持することが重要になります。